インド モンスーン マラバーAA

■200g 1188円
■500g 2821円(5%割引)


その昔、世界の交易が帆船で行われていた頃、インドのコーヒーもその主な消費地であったヨーロッパにたどり着くのに半年もかかりました。
その様な長い航海の間にコーヒーの生豆は海風の湿気によって白く膨張し、ヨーロツパにつく頃には黄色い枯れたような豆に変化してしまうことが普通でした。
その様なインドのコーヒーは独特のコクがあり、ヨーロッパのコーヒー愛好家の間で珍重され喜ばれる傾向がありました。

しかし、輸送手段の進歩によって、交易船の航海日数が短縮され、インドのコーヒーは収穫後の新鮮な状態でヨーロツパの消費者の手に届くようになります。

そして、古きよき時代の味を求める声はインドのコーヒー生産者にも届き、彼らはインドの南西地方に特有の季節風によってコーヒーを熟成することを考えつきました。つまリモンスーンコーヒーはインドのー生産者の知恵と特異性気候によってよみがえった人航海時代のコーヒーといえます。

モンスーニング(熟成)とは:
5月下旬、インド南西沿岸地方に季節風が吹き始めるころ、モンスーンコーヒーの原料がこの地方に運ばれてきます。
大きい窓を配した倉庫に運び込まれたコーヒー豆は、まず30センチ程度の厚みで床に敷き詰めら、適度に散水され4・5日放置されます。
その後、大きいめの麻袋に緩く詰められ、それそれ間隔を置いて倉庫に配置され、季節風の湿気を吸って豆は白く膨張していきます。
この熟成の間、コーヒーは何回も詰め替えられたり、麻袋をハイ替えされたしして水分の偏りを無くし、 カビの発生を防ぐように管理されます。
8月末頃には黄土色に変化し熟成は完了し、主に北欧諸国へ輸出されます。

ロースト:ハイロースト
テイスト:マイルドでバランスがよく、香に独特の雰囲気がある

写真:モンスーニングによりベージュに変色した生豆(右側)

【品  名】マラバール モンスーンAA アスピンウオール
【生 産 国】インド
【生産地域】マラバール
【生 産 者】マイソール、クールグ、ハッサン、チクマガルー、ニルギリの生産者からの集買
【精製方法】非水洗式 モンスーニング
【グレード】スクリーン18/19
【開花時期】3月−4月
【生 産 量】900トン/年間
【ロースト】中煎り
【焙煎機】FUJI ROYAL 3kg+Roast Logger
定価 1,283円(税込)
販売価格 1,283円(税込)
購入数

1袋の量
コーヒーの状態


Top